看護師辞めたい!別の職業に転職する完全ガイド
営業職

看護師から営業職へ転職

営業職は自分の力で年収をアップさせることができるので、自分から進んで仕事がしたい人にピッタリの職業です。
看護師から転職する場合は、医療機器の営業をしているメーカーに転職することで、知識と経験を活かしながら周りの営業マンよりも業績をアップすることも可能です。

営業の仕事内容と必要なスキル

営業も販売サービスも顧客に商品・サービスを提供し、引き換えに代金を回収するのが仕事です。
営業と販売は似ていますが、営業は自分で売り込みに行く、販売は店舗に来たお客さんに販売するという違いがあります。

また、営業をする相手には「法人」と「個人」があります。
法人相手なら

  1. 見込み客のリストアップ
  2. 販売ツールの作成
  3. 訪問・アプローチ
  4. 商品説明
  5. 疑問点の解消
  6. クロージング(顧客の了解を得る)
  7. 契約
  8. アフターフォロー

となります。

営業がいなければ企業は成り立たないため、やりがいは十分に感じることができます。
年収も自分の実力に合わせてアップさせることができるので、20代で周りよりも100万円~200万円高くすることも可能です。

看護師の経験を活かすなら医療機器メーカーの営業がおすすめ。
周りの営業マンは医療現場での経験がなく、知識だけで販売している状態なので、スタートの時点で優位に立てるわけです。
もちろん営業マンとしてのトークも必要になってきますが、その点は勉強で補うことができる部分ですし、周りの営業マンも同じ状態なので特に問題はありません。

また「自分で営業をするのはちょっと・・・」という場合は、営業マンのサポート役の仕事もあるので、そちらもおすすめです。

営業職の1日のスケジュール
8:30 出社
8:45 朝礼
9:00 テレアポ
10:30 営業
12:00 お昼休み
13:00 営業
16:00 帰社、書類作成
17:30 終礼
18:00~(残業) 残りの書類整理、退社
年収目安 280万円~800万円

営業職求人が多い転職サイト

01位

DODA

★★★★★

  • 業界最大級の大手転職サイト
  • 大手から中小まで全国の求人が幅広く揃っている
  • 「未経験OK」「育児と両立」「休日120日以上」など、こだわりの条件で選べる
  • 登録するだけで利用できるスカウト機能あり
02位

WomanWill

★★★★★

・大手マイナビが運営
・専門のキャリアコンサルタントが転職を徹底サポート
・経歴書・面接のアドバイスがもらえる
・好条件な非公開求人も多数保有